SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

風景とか美味しいものとか

  Emotional memory by kunupi's trip.
まぶしい景色
0

    2年前の旅行記の続きです。

    最終日のホテルはジョルジュサンクという駅の
    近くだったと記憶しています。
    最上級の階の部屋でしたので(空いていたから。ラッキー)
    車の音も全くと言っていいほど聞こえず静かでした。
    ちょっとエレベーターが狭かったのが難点かな。

    きれいなホテルで程々のサービスも心地よかったです。
    私のような、英語もフラ語もほとんどしゃべれない旅行者にも
    とても良くしてくれました。

    最終日は乗る予定の全くなかった
    地下鉄にさんざん乗るはめになり、
    開き直るといろいろ行ってみたくなったり
    乗り継ぎを駆使して行き着いてみたいと思うようになりました。

    初めての海外で、しかも一人旅行の恐さは全くなく
    今思うと自分でもよくやった、と感心します。

    ホテルから歩いてエッフェル塔の下まで行き、
    是非行ったら食べてみてとお勧めされたジェラートと一緒に。

    溶けるの早いのなんの。

    そこから15分くらいのトロカデロまで歩き

    見上げた後に振り返ったエッフェル塔もきれいでした。

    太陽はほぼ真上。
    暑かったけど、カラカラとした風が本当に気持ちよかったです。

    そのうちに乗った地下鉄の経路をアップしようと思っています。
    | FRANCE &AVIGNON | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    シャンゼリゼ通り
    0

      2年前の旅行記の続きです。

      旅行最終日のシャンゼリゼ通りで
      危うくパトカー(!)に引かれそうになった時の写真です。

      歩道の信号機が壊れていて
      赤になったのに気がつきませんでした。

      荷物が多かった為もあって
      信号を渡りきれずふと顔を上げると
      右からパトカーが凄い勢いで走ってきました。

      普通はここから見た反対の凱旋門を写すのでしょうが
      底間ら続くこの道を撮っていました。

      今度はきちんとしたデジカメで撮ってみたい一枚です。
      | FRANCE &AVIGNON | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      はがきを買う
      0
        一昨年の旅行記の続きです。


        二日目の朝から街を探索。
        夜遅くまでお祭をしているので
        朝早いととても静かな街でした。


        タメイキが出る程素敵な門構え。


        城壁の白さとオリーブの木の色にしばし和みます。


        昼近くなると今年のオフィシャルなグッズを売る店に遭遇。
        もちろんマグカップからお皿から、
        何これ、というようなものまで揃っていましたが
        なぜかこの時、はがきを2枚買いました。

        今年は60回を記念する結構大事な回だったのです。
        去年の演劇祭は、たぶんボランティアがボイコットして、
        中止になったと聞きました。
        | FRANCE &AVIGNON | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        雨上がりの夕方
        0

          この景色は、
          演劇の当日券を手に入れ、
          場所を確認後
          土砂降りの雨に降られてホテルに戻る途中。
          ホテルの目の前の駅前通り。

          壁の外はかなりの交通量。
          点々とある街灯がお洒落です。

          ちなみに右下の時刻は、日本時間の表示です。

          確か、1日目は興奮して全く食事が出来ず
          瓶に入ったヨーグルトをスーパーで買いました。
          「瓶フェチ」としては
          この瓶を持ってこなかったのが悔やまれます。


          街の中心部を見たものですが
          (ぼけてるのは目の錯覚ではありません)
          本当に小さな街でした。
          外周、約4キロ。

          道の中央を人が堂々と歩いていますが
          もちろんクルマが来たら皆退きます。


          AVIGNONでのホテルは
          白が基調のお洒落なホテル。
          めっちゃ可愛かったです。

          外には中庭があって明るい部屋でした。
          駅のすぐ近くですが
          音は全くと言って良いほど
          聞こえませんでした。
          (汽笛が一度。くらい)

          この日のツールドフランスは
          AVIGNONのすぐ近くを走ったと思います。
          一人の競技者がトラブルに巻き込まれ
          崖から落ちてゆく映像が今でも忘れられません。
          (ずっとテレビをつけっぱなしにして寝ました)

          AVIGNONの2日目は、
          日本で手に入れたチケットの日、7月16日。
          2度目の観劇の日です。

          まだまだ思い出深い話が沢山あります。

          | FRANCE &AVIGNON | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          一番食べたかったもの
          0

            日本を発つ時に、食べたいと思っていたのはただ一つ
            「鴨のコンフィ」です。

            以前、東京のビストロでのランチで存在を知り、
            京都で作り方を教わって以来
            この食べ物に強く興味を持ちました。

            今はFRANCEでも油を好まなくなったため(面倒な事もある?)
            置く所は少ないと聞いた事がありましたが
            AVIGNONのメニューにはしっかり載っていました。

            今の時間、食事が出来るかを訪ね(フランス語で)
            これお願いしますと指を指しながら(にこやかに)
            オーダーする事に成功しました。

            FRANCE2日目に食べたいものを目の前にしました。
            右下に見える四角い物は、カレー風味のパテ。
            コチコチのパンに塗って食べました。
            | FRANCE &AVIGNON | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ようやく着席
            0

              AVIGNONの演劇祭の続きです。

              この日の上演時間は「予定」では夜9時半から。
              他の会場では朝の5時からとか、深夜から、などという
              考えられないような時間帯での演劇が
              演劇祭の1ヶ月の間中、町のあちらこちらであります。

              この日手に入れた「当日券」で
              入場出来たのは夜の10時をまわっていたようです。
              上演時間を過ぎての入場でした。
              この分だと終わるのは日付が変わりそうで、帰りが心配。

              開場に時間がかかった理由には夕方の激しい雷雨がありました。

              北の方からかなり黒い雲が見えたかと思うと
              ものすごい勢いで雷と雨が降り出しました。
              思い切ってホテルに戻ろうとしましたが
              とても歩ける状態ではありませんでした。

              中には、諦めて裸足で歩く強者も…。

              舞台は屋根がなく(!)舞台上はかなり滑り易いので
              雨の影響をかなりに受けたようで
              帰国後には、天気の都合で何回か上映中止になったと聞きました。

              席は自由席ですが、目線が同じ高さが来るような所に座りました。
              空にははっきり星が見えて、こんな風景での観劇に、
              いままで味わった事のない感動を受けました。

              ONとOFFという呼び方の演劇は
              うろ覚えですが約500もあった、と聞いています。
              | FRANCE &AVIGNON | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              AVIGNON 演劇会場
              0
                なんてお洒落な教会の入り口。
                この中が会場です。


                周囲が約4キロの街は、
                行く前は城壁を一周したいと思って意気込んでいきましたが
                しばらく待ちを歩くと無理そうなのが分かりました。
                湿度がなく、笑っちゃうくらい気持ちがいいのですが
                暑さがハンパなかったからです。

                AVIGNONの市街地は(正確には旧市街地かも)
                レモンのような形をしています。
                2泊したホテルは地図の左下に位置しています。
                中庭のある1階の部屋でした。
                自動的に水が出て芝や木々を潤していました。


                演劇会場はホテルから歩いて15分、
                地図のやや右上の所にある教会でした。
                最初の写真はその教会の入り口です。
                正確にはパネルがお洒落、なんですけどね。


                ちなみに地図の上部の膨らんだ所にあるのが
                AVIGNONの有名な橋です。
                歌の通り途中までしかありません。
                想像を超えた小ささに本当に驚きました。
                橋の幅が、5メートルくらいしかありません。

                存在の偉大さに「大きさ」は関係ないと
                実感した瞬間です。

                | FRANCE &AVIGNON | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                記念写真
                0
                  FRANCE到着はパリ祭当日。
                  シャンゼリゼ通りは午前中から軍事パレードがありました。
                  朝8時のホテル到着から、仮眠をした2時間後の10時過ぎには
                  低空飛行の戦闘機の連隊の爆音で起されました。

                  その後、ふらりと歩いた(正確には電車に乗れなかった)
                  バスチーユの近くで持っていったデジタルカメラが壊れました。

                  自分が「ちょっと嫌な物を撮ってしまった」と
                  後悔した戦車を撮影した直後の事です。
                  カメラが壊れた事よりも
                  自分の「気持ちがカメラに移った」ような
                  妙な感じは忘れられません。

                  戦車や装甲車を見て、
                  悲しく複雑な気持ちになって思わず見上げた
                  最後のデジカメ写真。
                  日差しがまぶしいお昼の事でした。

                  その後はきちんとしたカメラで写真が撮れず
                  本当に残念でしたが、その分
                  自分の中、に写真では撮れない物を残そうと思いました。

                  そうは言いながらも、借りた海外用の携帯と、
                  自分の携帯のカメラ機能を使って、撮れる写真は頑張って撮りました。
                  海外用のカメラにSDカードを移し、画像最大の保存状態で。
                  レンズが良いカメラで良かったです。
                  かろうじて撮れたいくつかの写真も
                  その場の空気を思い出させてくれる物になりました。


                  カメラは日本に持ち帰って修理を依頼。
                  後にリコールが出ていた物でした。
                  もっと早く知らせてくれれば…。
                  | FRANCE &AVIGNON | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  AVIGNON チケットGETの話
                  0
                    一昨年の夏、ふとしたきっかけで
                    FRANCEで行われる演劇祭の舞台を目的に
                    一人旅をしました。

                    演目は日本人の俳優とフランス人の女性の2人芝居です。
                    俳優は、ほとんどフランス語が話せない状態でFRANCEに渡り、
                    フランス語を習得し、舞台に立とうとしていました。
                    無謀とも思えるその行動力に触発され、自分でも何かしてみよう、
                    その「心意気」を直に観てみたいと思ったのがきっかけです。

                    前出のようにチケットは結局日本では一枚しか取れませんでした。当日券を手に入れる為に、小さな街のFNAC(こちらでいう「ぴ◯」)に入ります。窓口はその街に一つだけ。しかも演劇祭でごった返しの窓口に並びました。


                    黒はフランス語、青は英語、
                    赤はそのときの様子を書き残したもの「ムリかもねーって言われて一枚だけあった!!」

                    そこで見せたフランス語で「今日のこのチケット下さい」というメモは鼻息で笑う程度の物でした。1ヶ月も前に売り切れになった(であろう)チケットは、現地の窓口のお姉さんから観ても「ある訳ないじゃない」状態でした。
                    ですが、彼女が私に向かって「ないかもよ〜」といった直後の、モニターを観ながら驚いた顔と直後に笑った顔は忘れません。

                    「このチケット一枚で良いのよね?…あるわよ一枚だけ(笑)」

                    ものすごい間がありました。しかもフランス語で言われたのか英語で言われたのか覚えていません。でも通じました。カタカタとチケットを出力する音が聞こえてきて、手に入るんだ、という実感が出てきます。

                      …うわぁ…やった〜。
                        凄いラッキーだー。

                    現地でSOLD OUTのチケットを取ろうと思うのは今になってみれば無謀と感じる事ですが、逆に、手に入らないことはないだろうというちょっとお気楽な気持ちで行ったのは正解だったかもしれません。
                    思い返すと本当にラッキーばかり続きました。知らない土地で、しかもフランス語が通じないところでのじたばたです。英語もほとんどな状態で。

                    見えにくいですが一番下の行に当日7月15日の日にちが書いてあります。もちろん現物は今も大事に取ってあります。

                    AVIGNON到着日、昼過ぎの出来事でした。
                    このラッキーチケットは夜9時半からのチケットで、
                    演劇は夜の11時半に終わる予定です。

                    このチケットを入手した後、すぐに場所の確認に向かいました。周囲約4キロの小さな街は蝉の鳴声に包まれていて、からりとした暑さが心地よかったのを思いだします。
                    | FRANCE &AVIGNON | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    FRANCE「初」食べ物
                    0

                      カテゴリーを増やしました。
                      2年前の7月のFRANCE一人旅です。

                      PCに保存してある写真を見ながら
                      忘れないように、また書いておこうと思いました。
                      前にも少しアップしましたが
                      触りだけでだったのでまた少しずつアップします。
                      ______________________

                      これはシテ島のそばにあるお店で
                      現地について約6時間後に初めて食べたものです。
                      その日のランチはラザニア。
                      グリーンサラダとパン。
                      カフェ・オ・レと
                      林檎のタルトがデザートでした。

                      食事の最中に母から電話があって
                      その時に初めて「来たんだな〜」という
                      実感が湧いた瞬間です。

                      右に見えるのは、終始役に立った本です。
                      カバーは到着直後から大活躍の
                      日本語、フランス語、英語3カ国の訳本。

                      フランスではほとんど英語で通用しました。
                      全く話せませんが、何とかなるものです。
                      | FRANCE &AVIGNON | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |